FC2ブログ

プロフィール

Hana*

Author:Hana*
はじめまして!
絵本大好きHana*です。
FMかしまで担当している情報番組内で読み語りブックトークコーナーをやっています。ライフワークで学校や児童館などで読み聞かせをしたり、依頼があれば絵本講座・講演などもしています。このブログは絵本に関することを書いています♪
花ばぁの声が聴けます
Newブログ
「美生のびゅーてぃふる☆らいふ」もよろしく


カテゴリ


最新記事


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月30日放送【ゲスト:学校図書館司書 根本文子さん】

今回のゲストは、
鹿嶋市で、初の学校図書館司書になられた
根本文子さん
前編です。

“学校の図書室に専任の学校図書館司書を置いてほしい”という要望は、
全国的に、自治体や読書団体などを中心に何年も前から上がっています。
ところが、財政的問題などから、なかなか設置が進まないのが現状。

そんな中、鹿嶋市では3年前から、『本だいすきっ子プラン』をかかげ、
学校図書館プロジェクトが始まりました。
そして2007年度、小学校への学校図書館司書の配置がスタートしたのです。

その第1号モデル校となった波野小学校に、
鹿嶋市で初めて、専任の学校図書館司書として就任したのが、
中央図書館で館長をされていた根本文子さんです。

まず、根本さんがされたことは、
図書室の本を全て、一旦中央図書館に移管し、蔵書を0冊に!!
それから、改めて子どもたちに本当に必要な本をセレクトして、
1から蔵書を整備されたそうです。
また、全ての本を中央図書館のコンピューターにオンライン登録し、
現在、波野小学校の図書室は、
学校図書館=中央図書館の分館のような形となっています。

波野小学校の特徴は、
調べ学習をする学習室と、
読書を楽しむオープンスペースが別れていること。
小上がりの畳スペースもあります。

図書館を整備することで、
たった2年で子どもたちにも大きな変化があったとか!

根本さんには、学校図書館の学校教育における役割や、
学校図書館司書について、とても貴重なお話しを伺うことが出来ました。

私は根本さんの
“学校図書館は心の保健室”という言葉が印象的でした。

学校の図書館を整備・活用することで、
子どもたちの健全な育成に活かせることがたくさんあると思います。
私も、全国の全ての学校に、
学校図書館司書が配備される日がくることを、心から望んでいます!


次回後編は、
5月28日(木)1時~
根本さんのおススメの1冊もご紹介します。
どうぞお楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ehon123.blog55.fc2.com/tb.php/148-a52d8f96

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。