FC2ブログ

プロフィール

Hana*

Author:Hana*
はじめまして!
絵本大好きHana*です。
FMかしまで担当している情報番組内で読み語りブックトークコーナーをやっています。ライフワークで学校や児童館などで読み聞かせをしたり、依頼があれば絵本講座・講演などもしています。このブログは絵本に関することを書いています♪
花ばぁの声が聴けます
Newブログ
「美生のびゅーてぃふる☆らいふ」もよろしく


カテゴリ


最新記事


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月21日放送『ねえ だっこして』

今月は母の日にちなんで、お母さんの絵本を紹介しています。

みなさんはお母さんのおひざ覚えていますか?
おかあさんにだっこしてもらうのって気持ちいいですよね。

今日ご紹介する絵本は、
お母さんと赤ちゃんをみつめる
猫の切ない気持を描く作品です。

わたしだって
おかあさんにだっこしてほしい・・・

下に赤ちゃんが生まれた、長男・長女の気持ちを
代弁してくれているような作品ですよ。

竹下文子(たけした ふみこ)・文  
田中清代(たなか きよ)・絵  
金の星社 発行
ねえだっこしてねえだっこして
(2004/05)
竹下 文子

商品詳細を見る

ラストは、縁側で、 お父さんに遊んでもらっている赤ちゃんと、
お母さんにだっこされて幸せそうなネコの様子。
読んでいる私たちも、お母さんにだっこしてもらっているような
気持ち良さを感じられる、暖かい作品です。

田中清代さんの絵も、和紙に書いてあるのでしょうか・・・
なんともいえない、懐かしさを感じる作風です。
特に、ネコが外に出て行くシーンの空の風景は、
紙質と草の色、空の色、独特の雰囲気を醸し出していて、
なんだか吸い込まれてしまいそうな、
まるでそこで日向ぼっこしているような心地良さを感じます。

ぜひ、この作品を読んで、ネコの切ない気持を感じつつ、
まったりと抱っこの心地よさと幸せを味わってください。

竹下 文子 (タケシタ フミコ) さんは
毎年、たくさん絵本や幼年童話を発表していて、
『星とトランペット』で野間児童文芸推奨作品賞
「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で
路傍の石(ろぼうのいし)幼少年文学賞を受賞。
最新作としては、今年4月にあかね書房から
『ポロポロゆうびん』が出版されました。

田中清代さんは、多摩美・絵画科在学中より絵本の制作を始めて、
1995年、ボローニャ国際絵本原画展ユニセフ賞受賞。
翌年にも入選をしています。
ご自身の作品としては、
『トマトさん』や『おきにいり』など個性的な作品を発表しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ehon123.blog55.fc2.com/tb.php/149-3892c600

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。