FC2ブログ

プロフィール

Hana*

Author:Hana*
はじめまして!
絵本大好きHana*です。
FMかしまで担当している情報番組内で読み語りブックトークコーナーをやっています。ライフワークで学校や児童館などで読み聞かせをしたり、依頼があれば絵本講座・講演などもしています。このブログは絵本に関することを書いています♪
花ばぁの声が聴けます
Newブログ
「美生のびゅーてぃふる☆らいふ」もよろしく


カテゴリ


最新記事


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月25日放送【おっとっと/おとうさんあそうぼう/おとうさん】

今月は『父の日』にちなんで、
お父さんの絵本を紹介しています。

今日は小さいお友だち向け、赤ちゃん絵本を
まとめて紹介したいと思います。


まず1冊目は、私の大好きな
とよた かずひこ 作 
岩崎書店 発行
『 おっとっと 』 
おっとっと (しろくまパパとあそぼう)おっとっと (しろくまパパとあそぼう)
(1997/08)
とよた かずひこ

商品詳細を見る


とよたかずひこさんの作品って、

なんともいえないほんわかさがあって
ほんとうに癒されるんですよね。

このお話は しろくまのパパとぼくのお話。
『おさんぽ おさんぽ うれしいな
 おとうさんと おさんぽ うれしいな』

おとうさんとのおさんぽって、
ママにはしてもらえないことができて、
子どもにとってはわくわくどきどきですよね~

この『おっとっと』では、
おとうさんって大きいな~
ぼくもおとうさんみたいに早く大きくなりたいな~~~
なんて思っていたら、おとうさんが
かたぐるま!をしてくれたんです

ところが・・・『おっとっとっと・・』
ちょっとぐらぐらするかたぐるま。
ちょっぴりこわいけど、でもやっぱりうれしい!

おとうさんとのおさんぽのわくわく感とどきどき感。
そして嬉しさが伝わってくる作品です。

とよた かずひこ 作 『 おっとっと 』 
 岩崎書店 より  840円

この絵本は『しろくまパパとあそぼうシリーズ』として
もう2冊出ています。
おとうさんにひこうきあそびをしてもらう『ぶーんぶーん』
ぶーんぶーん (しろくまパパとあそぼう)ぶーんぶーん (しろくまパパとあそぼう)
(1997/08)
とよた かずひこ

商品詳細を見る

おとうさんとぶらんこにのって、
心地よいリズムにうとうとしちゃう『ぎーこんぎーこん』
ぎーこんぎーこん (しろくまパパとあそぼう)ぎーこんぎーこん (しろくまパパとあそぼう)
(1997/08)
とよた かずひこ

商品詳細を見る


どの作品もおとうさんとの暖かい
特別の時間を味わえる絵本になっています!
ぜひ読んでください。



さて2冊目は、こちらも人気の赤ちゃん絵本
わたなべしげおさんの『くまくんの絵本』シリーズより

わたなべ しげお 作   おおとも やすお 絵 
福音館書店 発行  『 おとうさん あそぼう 』 
おとうさん あそぼう (くまくんの絵本)おとうさん あそぼう (くまくんの絵本)
(1986/09/25)
渡辺 茂男

商品詳細を見る
 

くまくんがおとうさんと遊ぶ様子を描いたお話。
この絵本は、おとうさんとのダイナミックなあそびの楽しさが
あふれています。

たかいたかいやかたぐるま、おうまさんにひこうき
ダイナミックな体を使った遊びは、
やっぱりおとうさんにしてもらうほうが、
子供も安心感があって思いっきり楽しめますよね~。

少々手荒いことが子どもは大好き!
読んだ後は、ぜひお父さんにいっぱいあそんでもらいましょう!

他にもシリーズで『おふろだ おふろだ!』というお話では、
おふろだ、おふろだ! (くまくんの絵本)おふろだ、おふろだ! (くまくんの絵本)
(1986/09/25)
渡辺 茂男

商品詳細を見る

おとうさんとおふろにはいるワクワクした時間が描かれています。
「ぼくがおとうさんをあらったんだよ~」
いつものおふろも、おとうさんと入ると
特別な時間になるのかもしれません。

わたなべ しげお 作   おおとも やすお 絵 
 『 おとうさん あそぼう 』  福音館書店 より  840円 

おとうさんの絵本ってけっこう、くまの絵本が多いんですよね~
のっしりと大きい感じがお父さんのイメージに
ぴったりなのかも知れませんね。
この『くまくんシリーズ』は、
おかあさんも出てくるおはなしも含め、
全部で9冊出ています。
シリーズで楽しんでください。



さて、3冊目は、
中村 徹 作    せべ まさゆき 絵   佼成出版社 発行
その名も 『 おとうさん 』 
おとうさんおとうさん
(2005/12)
中村 徹

商品詳細を見る
  

動物の子どもたちが、
次々に自分のお父さんのすごいところを自慢します。
中には、何もすごいところがないお父さんもいます。
でも、子どもたちは、みんな自分のお父さんが一番なのです。

読み終わったあとは、きっと子どもたちは
自分のお父さんの自慢大会が始まることでしょう!

親子で、お互いのいいところを言い合ったりして、
コミュニケーションツールにもなると思います。

はっきりした色使いほのぼのしたかわいい絵も魅力!
ふっくらあたたかタッチの絵本です。

中村 徹 作    せべ まさゆき 絵
 『 おとうさん 』   佼成出版社 より  1365円

もしかしたら、普段見過ごされがちな
お父さんのすごいところをわかってもらえる、
お父さんのための絵本かも知れませんね。

ぜひお父さんと一緒に読んでください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ehon123.blog55.fc2.com/tb.php/157-1cf2d76a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。