FC2ブログ

プロフィール

Hana*

Author:Hana*
はじめまして!
絵本大好きHana*です。
FMかしまで担当している情報番組内で読み語りブックトークコーナーをやっています。ライフワークで学校や児童館などで読み聞かせをしたり、依頼があれば絵本講座・講演などもしています。このブログは絵本に関することを書いています♪
花ばぁの声が聴けます
Newブログ
「美生のびゅーてぃふる☆らいふ」もよろしく


カテゴリ


最新記事


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月18日 【 ルリユールおじさん 】

今日はこの季節にピッタリの、
本を愛する大人のための絵本をご紹介しましょう。

舞台はパリ。
路地裏の通りにひっそりとルリユールおじさんの店はあります。
ルリユ―ルとは製本のこと。
少女ソフィーは大切にしていた植物の図鑑が
バラバラになってしまい途方に暮れてしまいます。
街の人に、ルリユ―ルのところに持っていくといい
と教えてもらったソフィーが探し出したのが
ルリユ―ルおじさんの店。

本への愛と職人の誇りにあふれる、心温まる絵本です。

 いせ ひでこ 作
 理論社 発行
『  ルリユ―ルおじさん 』
ルリユールおじさんルリユールおじさん
(2006/09)
いせ ひでこ

商品詳細を見る


ルリユ―ルという製本職人がいるということを
この絵本で知りました。

この世でたったひとつの自分だけの本。
本造りの職人から少女へのかけがえのない贈り物。

植物図鑑が美しく生まれ変わる様子は、
読んでいる私たちも幸せな気持ちになります。

絵本の中では、製本の工程が丁寧に
いせひでこさんのスケッチ風のやわらかな絵で描かれています。
細かい丁寧な作業に感動を覚えます。

現在では、製本の60工程全てを手仕事出来る製本職人は
ヒトケタになってしまったそうです。

名を残さなくてもいい。
いい手を持て。

同じ製本職人だったお父さんの言葉が胸にしみます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ehon123.blog55.fc2.com/tb.php/206-7590881c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。